管理栄養士さんに教わったダイエット(メモ)

65.3kgの体重を約10ヶ月で55.2kgまで落としました(2014/6/10~2015/3/26)10ヶ月間(2016/1/26まで)リバウンドしなかったらダイエット成功ってことにしよう。

毎日ビュッフェランチでも痩せられる?管理栄養士さんの太らない食べ方。

クックパッドダイエットのブログモニターさん対象に行われた「食べながら学ぶ!食生活改善のためのビュッフェミニセミナー」に参加してきました。

ビュッフェで料理を取りに行くところから指導が始まる厳しいーセミナーです。
・・・というのは大げさで、いろいろ教えていただきながら楽しくお食事をしました。

f:id:huwahowa:20140626174106j:plain

教えていただいたことを簡単にまとめますと、

  • 汁物と野菜が先
  • よーく噛んで噛んで噛んで
  • 野菜じゃなく、たんぱく質や炭水化物もバランスよく食べる

ってことでした。
短くまとめすぎたので、下に詳しく書くことにします。

 何から先に食べれば太らない?

わいわいとビュッフェのおいしいものを取りに行き、食べ始め、
「みなさん、さすが食べるのが上手ですね♪」
管理栄養士の徳久尚子先生に褒めていただきました。

f:id:huwahowa:20140626221304j:plain

参加したモニターほぼ全員、汁物と野菜を最初に食べていたのです。そう、食べるときは

汁物と野菜を先に食べる

のが正解なのだそうな。理由は、

  • 汁物…お腹を温め、食欲を落ち着かせる
  • 野菜…GI値が低く、血糖値の上昇がゆっくりになる

の2つ。

なぜ、GI値が低いほうがいいのか?というと、

食事をすると血糖値が上がります。血糖値が上がると、上がった血糖を下げるためのインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンは糖をエネルギーとして使える形に変える働きをするのですが、血糖値が急激に上昇するとインスリンもそれを下げようとたくさん分泌され、使いきれなかったエネルギーは脂肪として残ってしまいます。

なので、血糖値を急激に上げない食べ方が、インスリン分泌量もコントロールされる太らない食べ方だそうです。

最近よくテレビのダイエット特集などで
「血糖値をあげないものを食べる」
というのを聞くんですが、わたしは、はるか昔に聞いた
「食事の前に飴などを舐めて血糖値をあげて食欲を抑える」
をずっと信じていたので、なぜ血糖値をゆっくりあげなければいけないの???と考えていました。今回のビュッフェセミナーやっと!謎が解けました。

自然に近いほどGI値が低い

GI値が低いのは精製していないもの。食物繊維が多いもの。

  • 白砂糖よりも黒砂糖
  • 白米よりも玄米
  • うどんよりもそば

などなど。純度が高すぎるのはよくないのですね。複雑な部分が大事なのですね。人間と同じですね。

噛んで噛んでヒスタミン

アレルギーを引き起こす悪者だと思っていたヒスタミン。実は脳内のヒスタミンは食欲をコントロールする力があるんだそうです。そして、ヒスタミンを脳内に発生させる方法は“噛む”ことだけ。

噛むのめんどくさいからっていつもバナナジュースじゃダメなんですね。バナナのまま噛まないと。

あっ、でも、バナナ噛むよりバナナをジュースにするほうが面倒くさいや。

沢山食べてはいけないもの

徳久先生からのお題。もちろんなんでも食べすぎは良くないという上で、
「この中で、体にいいからと言ってたくさん食べてはいけないものがあります。どれでしょう?」

f:id:huwahowa:20140626174633j:plain

元気に「なす!」と答えた私ですが、徳久先生の用意した答えはさといもでした。さといもは炭水化物が多いからだそうな。なすは?
「なす自体はカロリーが少ないのですが油をとても良く吸うので、沢山食べると油をとりすぎてしまいます。なすも正解ですね^^」

ほかにもいろいろ、食べながら痩せるヒント

小腹がすいたらコンソメ野菜スープ

「小腹が空いたらコンソメスープの中に冷蔵庫にある野菜を入れて食べるといいですよ」

どうして夜食べると太るの?→夜はBMAL 1(ビーマルワン)の量が増加するから

BMAL1とは、脂肪を溜め込もうとする肥満遺伝子のこと。まっくろくろすけみたいに夜10時をすぎると沢山出てきて(昼間の約20倍)、「体脂肪ふえろー増えろー」と活動を始めるんだそうです。

えー?わたしが一番よく食べる時間が一番太る時間じゃないですか。これで太らないほうがおかしいですよね。つまりわたしが太っているのは正常な反応ってことだ。

美しく痩せる&リバウンドしないためには、たんぱく質も採ること

たんぱく質が不足すると筋肉が減り、代謝率が落ち、リバウンドしやすくなるそうです。

f:id:huwahowa:20140626222717j:plain

なんてお話をしながら、しっかりデザートまで頂いてきました。
デザートを食べるとなぜ幸せな気持ちになるんでしょうね。特にミルク味とバニラ味!食べる幸せを感じながらゆっくりダイエットしていこうと思ったひと時でした。本当にありがとうございました。

効果のほどは、わたしのこれからの変化を見てください(大きいことをドキドキしながら言ってみた)

「食べながら学ぶ!食生活改善のためのビュッフェミニセミナー」講師の紹介

高木鈴子さんプロフィール

高木鈴子プロフィール

株式会社クックパッド ダイエットラボ代表取締役。

 

2006年に日本初のインターネットで女性のダイエットのための健康管理サイト「イーバランスダイエット」を開始。全国の管理栄養士をネットワークして、オンラインでダイエット相談、栄養相談ができるサービスを提供。

 

管理栄養士・徳久尚子さんプロフィール

管理栄養士・徳久尚子プロフィール

管理栄養士。COOKPADダイエットのダイエット・トレーナー。

 

病院での栄養士を経て、企業やクリニックで食事・生活面の健康アドバイスを1,000人以上実施。女性のホルモンバランスを意識したレシピ提案、ダイエットや体調管理法など、食やライフスタイル全般で指導を行う。

 

 

「正しく食べてやせる」ダイエット - クックパッド ダイエット